IGUCHI SEISAKUSYO
井口製作所

製作所紹介

木工職人として高岡仏壇の木地を製作しております
2004年に富山県高岡市より射水市に移転いたしました
移転後、仏壇店への卸・製作をしながら一般販売をするようになりました、


高岡仏壇には木地師・塗師師・金具師・彫刻師等からなる分業体制で製作される仏壇です。
木地の材料にはイチョウ材とクサマキ(青森ヒバ)の国産材を使用して、板物にはイチョウ、
柱や桁物にはクサマキを使用して部品を作り、ホゾ組で組み立てる仏壇であります、
イチョウ材の特徴として虫食いや年月が経っても木目が浮かないので、塗り物には適している木材です、
街路樹に見られるような大きさではなく、直径2尺以上の大径木を使用しています


イチョウ材には、木材としては珍しく雄と雌(銀杏が実る)があります、
街路樹が臭わないのは、実がならない雄イチョウを植えているためです、
塗り物には雌イチョウが良いといわれますが、製材されてしまうと見分けがつきません。


クサマキ(青森ヒバ)材は、ヒノキ科の針葉樹で経年変化に強く、寸法精度にも狂いが少なく、腐らないという特徴があります
香りもよく、建築材にも使用される木材です

店舗